Showing 1-20 of 83 items.

ヤー・スィーン。

英知に満ちた,クルアーンによって誓う。

本当にあなたは,使徒の一人で,

正しい道の上に(人びとを導く者である)。

(これは)偉力ならびなく慈悲深き御方の啓示で,

祖先がいまだ警告を受けず,それで気付かないでいる民に,あなたが警告するためのものである。

本当にその御言葉が,かれらの多くの者に下ってしまっているのだが,かれらは信じない。

われはかれらに首枷をはめ,それが顎にまで及ぶ。それでかれらの頭は上向きになった。

またわれは,かれらの前面に陣壁を置き,また背面にも障壁を置き,そのうえかれらに覆いをした。それでかれらは見ることも出来ない。

あなたが警告してもまた警告しなくても,かれらにとって同じで,かれらは信じない。

あなたは,訓戒に従う者,また目に見えない慈悲深き御方を畏れる者だけに,警告しなさい。それであなたはこれらの者に,寛容と偉大な報奨の吉報を伝えなさい。

本当にわれは死者を甦らせ,またかれらが予め行ったこと,そして後に残した足跡を記録する。われは一切を,明瞭な記録簿の中に数え上げている。

町の仲間(の物語)を,例としてかれらに示すがよい。使徒たちがそこにやって来た時のことを。

初めわれは,2人の使徒を遺わしたが,かれらは,2人とも嘘付き扱いをされた。それでわれは第3の者で強化した。そして使徒たちは言った。「本当にわたしたちは,あなたがたの許に遣わされた者です。」

するとかれらは言った。「あなたがたはわたしたちと同じ人間に過ぎません。慈悲深き御方は何も啓示を下されはしません。あなたがたは,嘘をついているだけです。」

かれら(使徒)は言った。「わたしたちが,実際あなたがたに遣わされた者であることは,主が御存知です。

わたしたちの務めは,只あなたがたに明白(なアッラーの御命令)を宣べ伝えるだけです。」

かれら(人びと)は言った。「わたしたちにとってあなたがたは確かな凶兆です。もし止めないならば,あなたがたを必ず石打ち(の刑)にしましょう。酷いめにあわせてやりますぞ。」

かれら(使徒)は言った。「あなたがたこそ凶兆です。あなたがたは訓戒されても(尚そう言うの)ですか。いや,あなたがたは無法の民です。」

その時町の外れから一人の男が走って来て,言った。「皆さん,(アッラーから)遣わされたこの人たちに従いなさい。