Showing 1-20 of 88 items.

サード。訓戒に満ちたクルアーンにかけて。

いや,信仰のない者たちは,高慢で反抗的である。

われはかれら以前に,どんなに多くの世代を滅ぼしたことであろう。かれらは,もはや逃れ得ない時となって(慈悲を)請う。

またかれらは,自分たちの中から警告者が出たことに驚き,不信心者は言う。「これは魔術師です。嘘付きです。

かれは多くの神々を,一つの神にしてしまうのですか。これは全く,驚きいったことです。」

そして,かれらの長老たちは立ち去りながら(その場にいた仲間に言う。)「行きなさい。そしてあなたがたの神々を守り通しなさい。これは(一神教の教え)全くの企らみです。

わたしたちはこれまでの教えで,こんなことを聞いたことがありません。これは作り話に過ぎません。

わたしたちの間で,あんな男にだけ御告げが下ったと言うのですか。」いや,かれらはわれの訓戒に,疑いを抱いている。いや,かれらはまだわれの懲罰を味わったことがない。

それともかれらは,偉力ならびなく,恵み多いあなたの主の,慈悲の宝物を持っているのか。

かれらは天地,そしてその間の万有の,大権をもっているのか。それならかれらに手だてをさせて,(天の玉座まで)登らせなさい。

しかしあれは,鳥合の衆で只敗走するばかり。

かれら以前にも,ヌーフの民,アード(の民)および権勢を張り廻らしたフィルアウンも,

またサムード(の民)やルートの民,および森の民も使徒たちを徒党を組んで嘘付き呼ばわりした。

(これらは)皆使徒たちを嘘付き呼ばわりし,それでわれからの懲罰が確実に下った。

これらの者も,かの一声を待つだけである。それには一刻の猶予もない。

かれらは,「主よ,わたしたちの授かる分を清算の日以前に,急いで下さい。」と言う。

あなたはかれらの言葉を耐え忍べ。そしてわがしもべである堅固の人ダーウードを思え。本当にかれは,(主の)命令に服して讃美しつつ常に(主の御許に)帰った。

われは山々を従わせ,かれと共に朝夕に讃美させ,

また鳥類も,集って,凡てのものが主の命令に服して讃美しつつ常に(主の御許に)帰った。

そこでわれはかれの王権を強化し,英知と断固たる決断力をかれに授けた。