Showing 1-20 of 49 items.

かの(啓示の)山にかけて(誓う)。

整然と書き記された啓典にかけて,

巻かれていない羊皮紙に,

不断に詣でられる聖殿にかけて,

高く掲げられた天蓋にかけて,

漲り(温?)れる大洋にかけて(誓う)。

本当に主の懲罰は必ず下る。

それは避け得ない。

その日,天は大いにゆらゆらと揺れ,

また山々は揺ぎ動くであろう。

その日,(真理を)虚偽であるとした者に災いあれ。

虚しい事に戯れていた者たちに。

かれらが(もの凄い力で)地獄の火の中に突き落されるその日,

(こう言われよう。)「これこそは,あなたがたが虚偽であるとしていた地獄の業火である。

これでも魔術なのか。それともあなたがたは,見えないのか。

あなたがたはそこで焼かれるがいい。あなたがたがそれを耐え忍んでも,忍ばなくても同じこと。あなたがたが行ったことに,報いられるだけである。」

主を畏れた者たちは必ず楽園の歓びの中に置り,

主がかれらに与えるものに歓喜し,また主が獄火の懲罰からかれらを救われたことを喜ぶ。

(かれらには言われよう。)「楽しんで食べ,且つ飲め。これもあなたがたの(善い)行いのためである」。

かれらは並べられたソファーに寄りかかり,われは美しい目の乙女たちをかれらの配偶者にするであろう。