Showing 1-20 of 227 items.

ター・スィーン・ミーム。

これは明瞭な啓典の印である。

かれらが信者になろうとしないため,あなたは多分,死ぬ程苦悩していることであろう。

もしわれがそのつもりとなり,天から印を下せば,かれらはそれに恐れ入って謙虚になるであろう。

だが,慈悲深き御方からかれらに新しい訓戒が(時?)される度に,かれらはいつも背き去る。

かれらは(それを)嘘であるとする。だが今にその愚弄することが,其実となって,かれらに降りかかるのである。

かれらは,かの大地を見ないのか。如何に多くの,凡ての尊いものを,われはそこで育てるかを。

本当にその中には,一つの印がある。だがかれらの多くは信じない。

本当にあなたの主,かれは偉力ならびなく慈悲深い御方である。

あなたの主がムーサーに呼びかけ,こう仰せられた時を思いなさい。「不法な民の許に行け。

フィルアウンの民の許に。かれらは主を畏れないのか。」

かれは申し上げた。「わたしの主よ,かれらがわたしを(蟻?)付き呼ばわりすることを恐れます。

わたしの胸は圧迫され,またわたしの舌は(艇?)れます。ですからハールーンを,遺わし(助け)て下さい。

また(その上)かれらは,わたしに罪を科しているので,わたしを殺すのを恐れます。」

かれは仰せられた。「決してそうではない。あなたがた両人は,わが印を持って行け。本当にわれは,あなたがたと一緒にいて,聞いているのである。

それであなたがた両人は,フィルアウンの許に行って言ってやるがいい。『わたしたちは,万有の主から遣わされた使徒であるから,

イスラエルの子孫を,わたしたちと一緒に行かせて下さい』と。」

かれは言った。「あなたは幼少の時,わたしたちの間で育てられたではないか。あなたの生涯の多くの年月を,わたしたちの間で過ごしたではないか。

それなのにあなたは酪いことをしでかしたものだ。あなたは恩を忘れる者の仲間である。」

かれ(ムーサー)は言った。「わたしが,それを行ったのは邪道に踏み迷っていた時のことである。