Showing 1-20 of 40 items.

わたしは,復活の日において誓う。

また,自責する魂において誓う。

人間は,われがかれの骨を集められないと考えるのか。

いや,われはかれの指先(の骨)まで揃えることが出来るのである。

だが人間は,かれの御前(の生活)においても,罪を犯すことを望む。

かれは,「復活の日はいつか。」と問う。

遂に目が眩む時,

月は(蝕?)けり,

太陽と月は合わせられる。

その日人間は,「どこに避難しようか。」と言う。

断じて避けられないのである。

あなたの主の御許が,その日定めの住まいである。

その日(凡ての)人間は,既に行ったことと,後に残したことに就いて各げられるであろう。

いや人間は,自分自身に対し証人である。

仮令かれが,いろいろ弁解しても。

この(クルアーンを催促するために)あなたの舌を急がしく動かしてはならない。

それを集め,それを読ませるのは,われの仕事である。

それでわれがそれを読んだ時,その読誦に従え。

更にそれを解き明かすのも,本当にわれの仕事である。

いや,あなたがたは(果ない)浮世を愛して,