Showing 1-20 of 55 items.

時は近づき,月は微塵に裂けた。

かれらは仮令印を見ても,背き去つて,「これは相変らずの魔術だ。」と言うであろう。

かれらは(訓戒を)虚偽であるとし,自分の欲望に従ってきた。だが一切の事には,定められた結末がある。

これまで,様々な消息は,既に(宙?)され,それで充分自制出来たはず。

それはめざましい英知であった。だが警告は役立たなかった。

だからあなたは,かれらから遠ざかれ。召集者が嫌われるところへ呼び出す日。

かれらは目を伏せて,丁度バッタが散らばるように墓場から出て来て,

召集者の方に急ぐ。不信心者たちは言う。「これは大難の日です。」

かれら以前に,ヌーフの民も(その預言者を)虚偽とし,わがしもべを嘘付き呼ばわりし,「気違いです。」と言って追放した。

それでかれは主に,「わたしは,本当に力尽きました。どうか御助け下さい。」と祈った。

それでわれは,天の諸門を開き水を注ぎ降らせた。

また大地に諸泉を噴出させ,水は合わさり,かねての神命によること(洪水)が起きた。

しかしわれは板と釘で造ったもの(方舟)にかれを乗せてやった。

わが見守る中でそれは走った。これが(皆から)退けられたあの者への報いである。

われはこれを一つの印として残した。さて誰か悟ろ者はあるか。

さあわが懲罰と戒めとはどうであったか。

本当にわれは,クルアーンを易しく説き明した。さあ,誰か悟る者があるか。

アード(の民)も(真理を)虚偽であるとした。それでわが懲罰と戒めとはどうであったか。

われは災厄の打ち続く日に,かれらに対し荒れ狂う風を送った。

すると人間は,根こそぎになった。ナツメヤンの切り株のように,むしり去られた。