Showing 1-20 of 31 items.

人間には,なにものとも呼べない,長い時期があったではないか。

本当にわれはかれを試みるため混合した一滴の精液から人間を創った。それでわれは聴覚と視覚をかれに授けた。

われは,人間に(正しい)道を示した。感謝する者(信じる者)になるか,信じない者になるか,と。

不信心者には,われは鎖と首枷と烈火を準備して置いた。

(信者の)善行者は,カーフールを混ぜた杯(の飲物)を飲むであろう。

(それは)アッラーのしもべたちが飲む泉のことで,われは思いのままに滾々と(泉を)涌き出させる。

かれら(善行者)は誓いを果し,災厄の広がる日を恐れている。

またかれらは,かれを敬愛するために,貧者と孤児と捕虜に食物を与える。

(そして言う。)「わたしたちは,アッラーの御喜びを願って,あなたがたを養い,あなたがたに報酬も感謝も求めません。

わたしたちは,主の苦渋に満ちた御怒りの日を恐れます」。

それでアッラーは,その日の災厄からかれらを守り,素晴しい喜びを与えられる。

かれらが耐え忍んだので,かれは楽園と絹(の衣)でかれらに報われ,

その(楽園の)中で,寝床の上にゆったりと身を伸ばし,かれらは酷暑の太陽も,水る寒気もおぼえないであろう。

(樹木の)木陰はかれらの上を覆い,(果実の)房は慎ましく垂れ下る。

銀の水差しとガラスの杯は,かれらの間に回されよう。

ガラス(の杯と見えたの)は銀で造られていて,かれらは好みの量をそれに満たす。

かれらはそこて,生姜を混ぜた杯の飲物を与えられよう。

そこに,サルサビールと名付けられる泉がある。

また永遠の少年たちがかれらの間を往米し,あなたがかれらを見ると,(捲?)き散らされた真珠であると思うであろう。

あなたは視線を向けると至福の壮大な三国を認めるであろう。