Showing 1-20 of 99 items.

アリフ・ラーム・ラー。これは啓典の印で,まごうかたないクルアーンの印である。

信じない者たちは,自分たちがムスリムであったならばと,望む時が(ほ?)々あろう。

かれらを放任し,食べさせ楽しませて,(はかない)希望に惑わせておくがいい。間もなくかれらは悟るであろう。

われはどんな町を滅ぼす場合でも,定められた期限がやって来た時にそうした。

誰もその時期を早め,また遅らすことは出来ない。

かれらは言う。「訓戒が啓示された者よ,本当にあなたは(ほ?)かれた者である。

もしあなた(の言うこと)が真実であるならば,何故天使を連れて来ないのか。」

われは,それなりの理由による以外には天使を遣わさない。そうなれば,かれらは猶予されないのである。

本当にわれこそは,その訓戒を下し,必ずそれを守護するのである。

われはあなた以前の,昔の諸集団にも確かに(使徒たちを)遺わした。

だが使徒たちがかれらの許に来る度に,かれらによって嘲笑されない者はなかった。

このようにわれは,罪深い者の心に,そうすることを忍び込ませた。

昔の者たちへの先例があったのに,かれらはこの(啓示)を信じない。

仮令われがかれらのために天の門を開いて,(随時)かれらを登らせようとしても,

かれらは必ず,「わたしたちの目は本当に眩んでしまった。いやわたしたちは魔法にかけられている。」と言うであろう。

われは天に星座を定めて見る者に美しく眺めさせ,

また,呪われた凡ての悪魔からもそれらを守る。

だが盗み聞きする者は別で,かれは紛いのない炎(流星)に追いかけられる。

またわれは大地を伸ベ広げて,山々をその上に堅固に据えつけた。そこで凡てのものを(妥当な)均衡の下に,生長させる。

われはあなたがたのためにも,またあなたがたが決して養育者たりえないものにも生計の道を与えた。