Showing 1-20 of 112 items.

清算(の日)は人間に近付いているが,かれら(不信者)は無関心に背き去る。

かれらの主から新しい訓戒が来る度に,かれらはそれを笑い草として聞くに過ぎない。

かれらは心の中でふざけている。そして悪事を行う者たちは,密談して(言う)。「これは,あなたがたと同様只の人間ではないですか。あなたがたは目で見ていながら,魔術にでもかかったのですか。」

言ってやるがいい。「わたしの主は,天と地の間で(語られる)言葉(の凡て)を知っておられる。かれは全聴にして全知であられる。」

かれらは,「いや,(それは)夢の寄せ集め。いや,かれの偽作です。いや,かれは詩人です。昔(の使徒に)下されたような印を,わたしたちに(有?)して下さい。」と言った。

かれら以前にわれが滅ぼした都市でも,信仰する者は1人もいなかった。それでもかれらは信仰しないつもりなのか。

あなた以前に,われが啓示を授けて遣わした使徒たちも,人間に過ぎなかった。もしあなたがた,これが分らないなら訓戒を受けた民に聞け。

われはかれら(使徒たち)に,食物をとらないような体は授けなかった。またかれらは永久に生きる訳でもなかった。

結局,わが約束をかれらに果し,かれらとわれの欲するものを救い,違犯した法外の者たちを滅ぼした。

われは,あなたがたへの訓戒として啓典を啓示したのである。それでもあなたがたは悟らないのか。

如何にわれは,多くの悪を行っていた都市を滅ぼして,その後に別の民を立てたか。

それでわれの懲罰(が下るの)を感じると,見なさい。かれらはそこから逃げ(ようとす)る。

逃げてはならない。楽しんだ所,あなたがたの住まいに返れ。あなたがたは尋問されるであろう。

かれらは言った。「ああ,情けない,わたしたちは本当に不義の徒でした。」

そしてかれらのこの叫び声は,われがかれらを根こそぎ滅ぽし火の消えたように沈黙させるまで止まなかった。

われは天と地,またその間にあるものを,戯れに創ったのではない。

もしわれが戯れを望み,仮りにそうするならば,わが手近なもの(非物質的な霊的なもの)から選んだであろう。

いや,われは真理を虚偽に投げつけると,その頭を砕く。見なさい。虚偽は消滅する。あなたがたが(われに就いて)言うことこそ,あなたがたにとり災いである。

天と地の凡てのものは,かれの有である。またその側近にいる者(天使)は,かれに仕えて高慢でもなく,疲れも知らない。

かれらは毎日毎晩にかれを讃え,休むことを知らない。